【厳選】最高に笑えるおすすめ人気コメディ映画15作品(洋画・海外映画編)あらすじ・見どころも

コメディ洋画のアイキャッチ おすすめ映画紹介

 

最高に笑える海外コメディ映画を紹介します!

腹筋崩壊間違いなしの15作品を厳選しました。

辛いこと、悲しいこと、退屈な日常なんてコメディ映画で笑い飛ばしてしまえ!

ご覧ください!

 

おすすめ人気コメディ映画①:ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

最悪の二日酔いの中、消えた友人を探すことに。

徐々に明らかになっていく、ぶっ飛んだ夜とは!

 

ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィアナキス主演。

「ハングオーバー!」シリーズの第1作目、2009年のアメリカ映画。

大スターが出ているわけでもなく、予算をかけているわけでもないのに、北米週末興行収入で2週連続1位、累計で全米で約2億7700万ドル、全世界では約4億6700万ドルを稼ぐヒット作となった。

「スタスキー&ハッチ」のトッド・フィリップス監督がメガホンを取った、スリリングなパワフルコメディー。

アメリカの歴代コメディー映画史上最高興収!

 

あらすじ

結婚式を2日後に控えた新郎ダグは、独身最後の夜を満喫するため、悪友のフィル(ブラッドリー・クーパー)、スチュ(エド・ヘルムズ)、義理の弟アラン(ザック・ガリフィアナキス)とラスベガスへ。

人生最高の夜を楽しむはずだったが、翌朝目覚めると、部屋は滅茶苦茶、明日結婚を控える花婿は消え、部屋には親のわからない赤ん坊と馬鹿デカイ獰猛な虎が。

わずかな手がかりから絶望的な捜索を開始するも、謎が謎を呼び、さらに難航を余儀なくされる。

果たして、婚約者からの電話を誤魔化しながら、結婚式までに消えた花婿を見つけ出せるのか⁉︎

 

映画の見どころ

・常識外れのストーリー展開

・焦りと心配と怒りに満ちた3人の主人公たち

・下品で笑えるセリフ

おすすめ度 ★★★★★
笑える度 ★★★★★
非常識度 ★★★★★

 

 

おすすめ人気コメディ映画②:スクール・オブ・ロック

こんな先生欲しかったな…。

常識に囚われず本当に大切なことを教えてくれるロックな教師!

 

ジャック・ブラック主演、リチャード・リンクレイター監督、マイク・ホワイト脚本、2003年のアメリカ合衆国のミュージカルコメディ映画。

名門小学校に相応しくないニセ教師と真面目な小学生たちがロックを通じて交流を深める、笑いと風刺、感動、そして涙ありの作品。

劇中にはレッド・ツェッペリン、ザ・フー、クリーム、ドアーズほか、数々の名曲が登場するので、ロック好きにも刺さること間違いなし。

ミュージシャンでもある主人公のジャック・ブラックと、主人公の親友役マイク・ホワイトは友人で、ホワイトはブラックのために本作の脚本を書き上げたのだそう。

 

あらすじ

主人公デューイ(ジャック・ブラック)は、いつまで経っても売れないバンドマンの端くれだが、ロックに対する愛情は誰にも負けない。

生活費を稼ぐために親友になりすまし、バイト感覚で名門小学校の代用教員になることに。

厳格な校風のせいで頭が固くなった子供たち。

デューイはロックを通じて、子供たちの自由な姿を取り戻すことができるのか?

 

映画の見どころ

・作中に出てくるバンドメンバーの子供たちは、本当のミュージシャンで、実際に演奏している

・作中に出てくる名曲たち

・音楽の楽しさに気づいた子供たちの自由な姿

おすすめ度 ★★★★☆
おもしろさ ★★★★☆
心温まる ★★★★★

 

 

おすすめ人気コメディ映画③:イエスマン “YES”は人生のパスワード

”YES”が導く最高の人生をご覧あれ!

 

「マスク」「トゥルーマン・ショー」のジム・キャリー主演、ペイトン・リード監督、2008年にアメリカで製作されたコメディ映画

BBCラジオディレクターのダニー・ウォレスが自身の経験を元に執筆したYes Manという本に基づいた作品。

回答を全てYESに変えたネガティブ男の、笑いあり涙ありのポジティブ・ストーリー!

 

あらすじ

仕事・プライベート、「ノー」「嫌だ」「パス」しか答えない主人公カール・アレン(ジム・キャリー)は、親友の婚約パーティーをすっぽかし、こっぴどく叱られてしまった。

「生き方を変えない限り、お前はひとりぼっちになる」と脅されたカールは、 勇気を振り絞り、とあるセミナーに参加した。

セミナーでの教えはただ一つ、全てのことに「イエス」と答えよ、というものだった。

いつどんな時でも”YES”と答えるようになった男の人生は、どんなふうに変わっていくのか。

作品のラストで待ち受けていたのは、思わぬどんでん返しだった。

 

映画の見どころ

・無茶なお願いにもYESと答える主人公のチャレンジ精神

・笑える、けど、泣けるストーリー

・見ているだけでポジティブになれる展開

おすすめ度 ★★★★★
おもしろさ ★★★★☆
ポジティブ度 ★★★★★

 

 

おすすめ人気コメディ映画④:デュー・デート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜

ウィットとおバカの化学反応!!

 

ロバート・ダウニー・Jr、ザック・ガリフィナーキス主演、トッド・フィリップス監督、2010年公開のアメリカ映画。

アメリカ大陸横断を余儀なくされた男二人の波瀾(はらん)万丈な旅を描くロードムービー。

「アイアンマン」のロバート・ダウニー・Jrと「ハングオーバー! 」のザック・ガリフィアナキスのコミカルな演技に注目

 

あらすじ

待望の赤ん坊誕生を5日後に控えるピーター(ロバート・ダウニー・Jr)は、妻の元へ向かうため飛行機に乗り込んだ。

しかし、見た目も言動も妙な男のせいで、テロリストだと疑われ、登場拒否になってしまった。

財布や荷物も失くしたピーターのもとに、登場拒否の原因となった妙な男イーサン(ザック・ガリフィナーキス)が車で現れ”大陸横断”を持ちかける。

そして、トラブルを引き寄せる才能を持つどうしようもないイーサンとの最悪なドライブが始まった。

果たして、ピーターはあらゆる困難を乗り越え、出産前の妻のもとへたどり着くことはできるのか。

 

映画の見どころ

・ピーターとイーサンに降りかかる数々の災難

・どうしようもないが、なぜか憎めないイーサンのキャラクター

・どんな状況でもカッコいいロバート・ダウニー・Jr

おすすめ度 ★★★★★
おもしろさ ★★★★☆
災難度 ★★★★★

 

 

おすすめ人気コメディ映画⑤:50回目のファースト・キス

日本でもリメイクされた海外ラブコメ!!

 


アダム・サンドラー、ドリュー・バリモア主演、「N.Y.式ハッピー・セラピー」のピーター・シーガル監督。

記憶障害の女性と、一途な愛を貫く男とのロマンティック・コメディを描く。

山田孝之、長澤まさみによってリメイクされた、海外のハートフル作品!

 

あらすじ

交通事故以来、たったの1日しか記憶が保たない、短期記憶喪失障害を抱えているルーシー(ドリュー・バリモア)。

水族館の獣医であるヘンリー(アダム・サンドラー)は、そんなルーシーに一目惚れしてしまう。

あらゆる手を尽くして彼女の気を引こうと頑張るヘンリー。

毎日初対面の二人の恋愛は成就するのか。

 

映画の見どころ

・ルーシーの気を引こうと奮闘するヘンリー

・記憶喪失への対策方法

・感動の結末

おすすめ度 ★★★★☆
おもしろさ ★★★★☆
感動 ★★★★☆

 

おすすめ人気コメディ映画⑥:テッド

可愛く喋るぬいぐるみだったはずが、今では下品な言葉しか口にしないドラッグ熊に。

 

マーク・ウォールバーグ主演、セス・マクファーレンの監督兼脚本。

実写アクションとCGアニメが融合した抱腹絶倒コメディ。

可愛いルックスとは裏腹に、言動すべてがオッサンなテッドが爆笑を巻き起こす。

喋るぬいぐるみが可愛いというのは、ただの幻想だった。

子供たちの理想をぶち壊す、子供に見せたくない作品No.1作品!

 

あらすじ

いじめられっ子からも無視される孤独な少年は、クリスマスプレゼントのテディベアと友人になれるように祈る。

すると、願いが通じたのか、テディベアに魂が宿り、少年にとって唯一無二の親友「テッド」が誕生する。

それから27年が経った現在、ジョン(マーク・ウォールバーグ)とテッドは、ともに中年のおじさんになっていた。

そして、一時は「奇跡のテディベア」としてもてはやされたテッドは、幻惑キノコで逮捕されてからは、ドラッグと女に堕落した人生を歩んでいる。

そんなある日、ジョンは4年間つきあっている恋人から、自分とテッドのどちらかが大事なのか選択を迫られることに。

いつまで経ってもだらしないおじさん二人の人生は、これからどうなってしまうのか。

 

映画の見どころ

・終始続く下品さ

・息ぴったりのおじさん二人

・ばら撒かれる下品なユーモア

おすすめ度 ★★★★★
おもしろさ ★★★★★
下品さ ★★★★★

 

 

おすすめ人気コメディ映画⑦:40歳の童貞男

男性諸君、こんな人生どうですか?

 

スティーヴ・カレル主演、放送映画批評家協会賞コメディ映画部門受賞作。

監督は「ケーブル・ガイ」「ディック&ジェーン/復讐は最高!」などの脚本を手がけ、本作で劇場用映画のデビューを飾ったジャド・アパトウ。

40男の“ロスト・ヴァージン”を描いた、おかしくて愛おしいコメディ映画。

純粋に誰かを愛する素晴らしさ、相手を受け入れることの大切さを教えてくれる作品。

 

あらすじ

家電量販店の店員アンディ(スティーヴ・カレル)は、40歳の典型的なオタクで、しかも童貞。

ずっと童貞を隠していたが、ある日職場の仲間たちにバレてしまった。

その日から、アンディの試練の日々が始まった。

職場の仲間たちに振り回される中、アンディに運命の出会いが。

40歳にしてロストヴァージンを試みる男の奮闘劇は、果たしてどうなる?

 

映画の見どころ

・スティーヴ・カレルが醸し出す素晴らしい童貞感

・オタク感全開のアンディの生活

・運命の相手は、19歳の子持ち⁉︎

おすすめ度 ★★★★☆
おもしろさ ★★★★☆
童貞感 ★★★★★

 

 

おすすめ人気コメディ映画⑧:最強のふたり

さあ、人生に繰り出そう。

 

フランソワ・クリュゼ、オマール・シー主演、2011年のフランス映画。

監督は、本作が長編4作目となるエリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュのコンビ。

フランス本国のみならずヨーロッパで記録的なヒットを樹立した、笑いと感動に包まれた良質なコメディ。

第24回東京国際映画祭のコンペティション部門にて上映され、最高賞である東京サクラグランプリを受賞し、主演の2人も最優秀男優賞を受賞、また、第37回セザール賞で作品・監督・主演男優・助演女優・撮影・脚本・編集・音響賞にノミネートされ、オマール・シーが主演男優賞を受賞した。

車いすで生活している大富豪と介護者として雇われた黒人青年が垣根を越えて友情を結ぶ、実話を基にしたコメディ感動作。

 

あらすじ

事故で全身麻痺になってしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探していた。

そこに、スラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー)が、生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接へやってきた。

しかし、なぜかフィリップは、そんな不届き者のドリスを採用することに。

共通点はゼロの二人は、ぶつかり合いながらも、互いを理解していき、最強の友情を育んでいく。

 

映画の見どころ

・洗練された会話と下ネタ

・全てが異なるキャラクター

・感動的な二人の友情

おすすめ度 ★★★★★
おもしろさ ★★★★★
感動 ★★★★★

 

 

おすすめ人気コメディ映画⑨:ナイト・ミュージアム

展示物が動き出す⁉︎

一人の警備員が夜の博物館を駆け回る‼︎

 

ベン・スティラー主演、ショーン・レヴィ監督のファミリー向けのアメリカ映画。

ナイトミュージアムシリーズの第1作。

「ミート・ザ・ペアレンツ」「ドッジボール」のベン・スティラー、アカデミー賞俳優ロビン・ウィリアム、新旧実力派コメディアンたちのテンポ良い掛け合いに、視聴者はスッと引き込まれ気が付けば笑顔に。

真夜中の自然史博物館を舞台に、夜間警備員の男が体験する不可思議なファンタジー爆笑コメディ!

 

あらすじ

人生踏んだり蹴ったりのバツイチ失業者のラリー(ベン・スティラー)は、ある日、離れて暮らす最愛の息子に諭され、職探しを探しを始めた。

そして、前妻の再婚で息子に会えなくなることを恐れたラリーは、職業斡旋所で紹介された自然博物館の夜間警備員として働くこととなる。

しかし、、初出勤の夜、ラリーは驚くべき光景を目にすることに。

博物館中の剥製・ジオラマ・人形たちが命を宿し、動き出していた。

そんな博物館を狙った怪しい計画に巻き込まれたラリーは、摩訶不思議な博物館を守り切れるのだろうか?

 

映画の見どころ

・ファミリーで安心して見れるストーリー・キャラクター

・テンポの良い掛け合い

・時代を超えて集結した過去の英雄たちの活躍

おすすめ度 ★★★★★
おもしろさ ★★★★★
安心度 ★★★★★

 

 

おすすめ人気コメディ映画⑩:Mr.ビーン

どこかで見たことある顔、彼こそがMr.ビーン!

 

ローワン・アトキンソン主演、メル・スミス監督、1997年に製作されたコメディ映画。

イギリスのITVで放送された人気コメディ番組「Mr.ビーン」の劇場版作品。

アメリカ ロサンゼルスを舞台に、ジェームズ・マクニール・ホイッスラーの名画『母の肖像』を巡って引き起こす騒動を描く。

 

あらすじ

イギリスの美術館で働くビーン(ローワン・アトキンソン)は、ただのおとぼけ学芸員。

そんな彼が、ある日、高名な美術の専門家だと勘違いされ、名画「ホイッスラーの母」をグリアソン美術館に移送するため、カリフォルニアへと派遣されることに。

グリアソン美術館での大失態から始まり、次々にビーンの周りには問題が巻き起こる。

ついに、名画「ホイッスラーの母」にまで大変な事態が起きてしまった。

それを解決できるのは、ビーンただ一人。

おとぼけ学芸員のビーンは、奇想天外な方法で名画に起こったトラブルの解決を試みる。

 

映画の見どころ

・超独特なビーンのキャラクター

・ありえないとツッコミたくなるストーリー

・ハラハラドキドキのビーンの行動

おすすめ度 ★★★★☆
おもしろさ ★★★★☆
キャラクターの濃さ ★★★★★

 

 

おすすめ人気コメディ映画⑪:マスク

”コメディでよく見る”演出を実写版で映像化‼︎

 

ジム・キャリー主演、ファンタスティックなアクション・コメディ。

主演のジム・キャリーを一躍スターにのしあげた作品であり、当時演技経験皆無の新人だったキャメロン・ディアスをトップスターの仲間入りさせた作品。

目玉や心臓が飛び出すなど漫画的なオーバーアクションを実写で表現し、『トムとジェリー』をそのまま実写にしたような雰囲気のスラップスティック・コメディ映画。

映像はSFXが駆使され、アカデミー賞で視覚効果賞にノミネートされた。

 

あらすじ

銀行員スタンリー・イプキス(ジム・キャリー)は、窓口業務で応対した歌手のティナ・カーライル(キャメロン・ディアス)に一目惚れ。

しかし、引っ込み思案で冴えないスタンリーは、散々な目に会った挙げ句、ティナの前で醜態をさらしてしまった。

そんなスタンリーは、ひょんなことから妙なマスクを拾った。

そのマスクを自宅でマスクを着けてみた途端、緑の竜巻が巻きとともに、一人の破天荒者が誕生した。

仮面の魔力で過剰な本性を引き出され、不死身の身体、数々の超能力を身に着けたスタンリーは、ティナのハート射止めることができるのか?

 

映画の見どころ

・コメディあるあるが散りばめられた数々の演出

・ジム・キャリー演じる冴えないキャラクターと破天荒キャラクター

・コメディ要素満天のストーリー

おすすめ度 ★★★★★
おもしろさ ★★★★★
映像演出 ★★★★★

 

 

おすすめ人気コメディ映画⑫:トゥルーマン・ショー

コメディか?と疑う設定。 恐怖を感じる世界観。

 

ジム・キャリー主演、ピーター・ウィアー監督、アンドリュー・ニコル脚本。

ジム・キャリーとエド・ハリスは、この作品で第56回ゴールデングローブ賞で主演男優賞と助演男優賞をそれぞれを受賞。

トゥルーマン・ショーのストーリーから、精神医学ではトゥルーマン・ショー妄想という概念が生まれた。

ジム・キャリーのおかげで、コメディチックな雰囲気になっているものの、倫理観を駆り立てられるストーリー設定が視聴後に恐怖を残す。

 

あらすじ

保険会社の平凡なセールスマンのトゥルーマン(ジム・キャリー)は、ある日、自分の生活に違和感を覚える。

実は、彼の人生そのものがTV番組として世界中にされていた。

家族や友人を含めたこれまでの人生が全てフィクションだったと知ったトゥルーマンは、ある女性との出会いをきっかけに現実の世界への脱出を決意する。

 

映画の見どころ

・ジムキャリーの典型的アメリカ人キャラクター

・恐ろしい設定をものともしないコメディ感

・TV制作側を欺き返すトゥルーマン

おすすめ度 ★★★★★
おもしろさ ★★★★☆
怖さ ★★★★☆

 

 

おすすめ人気コメディ映画 ⑬:セックス・アンド・ザ・シティ

華やかな女性たちのド派手な生活‼︎

 

サラ・ジェシカ・パーカー、キム・キャトラル、クリスティン・デイヴィス、シンシア・ニクソン主演、2008年公開のアメリカ映画。

大ヒットシリーズの終了から4年、恋に仕事に貪欲な4人の女たちのその後のドラマが新たに映画化!

ファッションアイコンとして名を馳せたサラをはじめとして、300着もの衣装を着こなす女優たちのフッションにも注目!

北米では5月30日に公開され、5574万ドル(約59億円)を記録して初登場1位となり、公開3週目で1億ドルを突破。約1億5000万ドルのヒットとなった作品。

 

あらすじ

キャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)とビッグ(クリス・ノース)は落ち着いた関係を継続させ、共に棲むアパートを探していた。

そんな中、ミランダ(シンシア・ニクソン)、シャーロット(クリスティン・デイヴィス)、LAから遊びにきたサマンサ(キム・キャトラル)の3人とクリスティーズのオークションハウスへ出向く。

キャリーは、あることでショックを受け、旅行中にもかかわらず激しく落ち込むこととなる。

 

映画の見どころ

・派手好きな4人の主人公の紆余曲折な人生

・4人の浮き沈みの激しい感情

・それぞれの幸せのあり方

おすすめ度 ★★★★☆
おもしろさ ★★★★☆
女性の憧れ ★★★★☆

 

 

おすすめ人気コメディ映画⑭:星の王子ニューヨークへ行く

一国の王子が花嫁さがしの旅⁉︎

 

エディ・マーフィ主演、ジョン・ランディス監督、1988年公開のコメディー映画。

特殊メイクを駆使して一人4役を演じるエディに注目。

贅沢で深刻な悩みを抱える一国の王子が、ニューヨークで一般人に紛れ込む⁉︎

 

あらすじ

21歳を迎えたザムンダ王国のアキーム王子(エディ・マーフィー)は、国王が決めた婚約者ではなく自分で理想の花嫁を探すために大都会ニューヨークへ旅立つ。

留学生としてハンバーガー・ショップで働くことになったが、そこに現れた一人の女性に一目惚れ。

果たして小国の王子は、身分を隠したまま、その女性を射止めることができるのか⁉︎

 

映画の見どころ

・国王の振る舞い

・王政に敷かれた国民

・80年年代のニューヨークの生活

おすすめ度 ★★★★☆
おもしろさ ★★★★☆
常識格差 ★★★★★

 

 

おすすめ人気コメディ映画⑮:ホーム・アローン

家族で見たい王道コメディ映画‼︎

 

マコーレー・カルキン主演、1990年公開のアメリカのコメディ映画。

驚異の世界的大ヒットを放った、スーパー・コメディ第1弾!

興行収入は全世界で4億7668万ドル、日本国内でも約34億円に達した大ヒット作!

クリスマスに家族と見てほしい映画!

 

あらすじ

ある一家が総出でパリに行くことになったが、大家族すぎたことで、息子のケビン(マコーレー・カルキン)だけは、出発のどさくさで、独り屋敷に取り残されてしまう。

そんな中、留守だと思った二人組の泥棒がケビンの家を狙ってきた。

一人で家を守ろうと奮闘する!

 

映画の見どころ

・家族の大切さを徐々に知っていくケビン

・泥棒を退治する奇想天外な方法

・まんまと罠にハマる憎めない泥棒たち

おすすめ度 ★★★★★
おもしろさ ★★★★★
心温まる ★★★★★

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました