【アクション×洋画】迫力満点スカッと爽快海外映画 おすすめ11選|あらすじ、見どころポイントも

映画おすすめアクション洋画のアイキャッチ画像 おすすめ映画紹介

海外のアクション映画を紹介します!

迫力満点の11作品を厳選しました。

ご覧ください!

おすすめアクション洋画①:ダイ•ハード(1988)

それでも死なないの⁉︎ 不死身すぎん笑

ブルース・ウィルスを一躍大スターに押し上げた、全5作続いた人気シリーズの1作目。

不運にも事件に巻き込まれ、グチを吐きながらも懸命に事件を解決する人間味のある刑事を描いた作品。

”ダイ•ハード”という言葉には、「なかなか死なない、しぶといヤツ」という意味が込められている。

 

あらすじ

ニューヨーク市警のジョン•マクレーン刑事は、別居中の妻子とクリスマスを一緒に過ごすためにロサンゼルスに訪れた。

しかし、マクレーン刑事が参加するクリスマスパーティーに、テロリスト集団が乱入

パーティー客は次々に人質にとられ、自分の妻子までも人質に。

妻子を救い出すために、タバコを咥えた最も不運な男が一人でテロリストに立ち向かう。

 

見どころポイント

・主人公のジョン•マクレーンが、最も不運なタイミングで最も不運な場所に居合わせる最も不運な男なのに、実は有能

・隅々にまで張り巡らされた伏線

・爆発がド派手

おすすめ度 ★★★★☆
迫力度 ★★★★☆
主人公の人間味 ★★★★☆

おすすめアクション洋画②:マトリックス(1999)

銃弾? 避けるまでもないね笑


キアヌ•リーブス主演、従来のCGにはない視覚効果を融合し斬新な映像表現で映像革命でも話題になった作品。

手をかざしただけで銃弾が止まったり、背を仰け反って銃弾を避けたりと、アクション好きなら誰もが憧れるシーンが盛りだくさん。

「もしかしたら、自分もこの世界の救世主では?」と淡い期待を持たせてくれる近未来アクション映画。

 

あらすじ

表の顔は大手ソフトウェア会社に務める冴えないプログラマー、

しかし、裏の顔は、あらゆるコンピュータ犯罪を引き起こす天才ハッカーのネオ。

そんな彼は、いつからか「この世界は夢なのでは?」という漠然とした違和感に悩まされていた。

ある日、コンピュータの画面に映った不思議なメッセージに導かれ、世界の真実を知ってしまう。

そして、人類の明暗を分ける壮絶な戦いに身を投じることとなる。

 

見どころポイント

・VFX(視覚効果)によってもたらされた映像表現

・妄想を掻き立てられる近未来的設定

・ストーリー各所に散りばめられたメタファーや暗示

おすすめ度 ★★★★☆
ストーリーの理解しやすさ ★★★☆☆
真似したい度 ★★★★★

おすすめアクション洋画③:ジョン・ウィック(2014)

スカッと爽快! マフィアが恐れる元殺し屋の華麗なる復讐劇。

マトリックスで有名なキアヌ•リーブス主演の、主人公最強系映画。

どんなに不可能な暗殺も遂行してしまう伝説の元殺し屋の前では、どんな敵でもバタバタ倒れる。

目にも留まらぬ速さで敵の頭をブチ抜く姿から、日本で公開された時のポスターのキャッチコピーは「見とれるほどの、復讐」。

2014年に1作目が公開され、あまりの人気っぷりに、2019年には3作目が公開された。

 

あらすじ

一人の女性を愛するために、裏社会から手を引いた伝説の元殺し屋、ジョン•ウィック。

その最愛の妻を病で亡くし生きる希望を失っていた彼のもとに、一匹の子犬が届けられる。

それは、死ぬ直前の妻からジョンへ送られたプレゼントだった。

ジョンは妻の形見として犬を可愛がっていたが、

ある日突然、強盗に家を襲われ、犬を殺されてしまう。

怒りながらも冷静な元殺し屋は、犯人であるマフィアのボスの息子を確実に殺すことを決意した。

 

見どころポイント

・キアヌ•リーブスの洗練されたアクション

・伝説の元殺し屋に狙われたターゲットのビビりっぷり

・元殺し屋を殺すために雇われた殺し屋たちとの激しい殺し合い

おすすめ度 ★★★★★
スカッと爽快度 ★★★★★
主人公のカッコ良さ ★★★★☆

おすすめアクション洋画④:ワイルドスピード(2001)

カーアクションの金字塔! 10シリーズ以上公開された作品は他にない!


今は亡き、ポール•ウォーカー主演、超ロングシリーズの1作目。

ドラッグレースに熱中するストリートレーサーたちを題材にしたカーアクション映画。

男たちの熱い友情にも注目の作品。

 

あらすじ

トラック強盗の潜入捜査のために、LAで毎晩開かれるストリートレースに参加したブライアン。

ニトロ搭載のスポーツカーを乗り回す天才ドライバーのドミニクたちに負けないテクニックを披露し、一目置かれる存在に。

潜入捜査として、仲間に加わったつもりが、ドミニクの妹に恋をしてしまう。

仲間との友情と恋愛と職務の中で苦悩するブライアンは、進むべき道を自分で選ぶ。

 

見どころポイント

・映像・音響・音楽どれをとっても、ド派手なカーアクション

・イケイケ、オラオラ、ケバケバなレーサーたち

・殴り合いの代わりにレースするレーサーのプライド

おすすめ度 ★★★★☆
車のスピード ★★★★★
友情 ★★★★☆

おすすめアクション洋画⑤:ザ・コンサルタント(2016)

まさか、おまえ! ただのコンサルタントじゃないな?


「アルゴ」や「バッドマンVSスーパーマン」など、数々の作品で活躍する ベン•アフレック主演。

自閉症で、コンサルタントで、殺し屋で、と複雑な設定が盛り込まれている主人公。

そんな主人公が、手に汗握る複雑なストーリー展開に巻き込まれていく。

 

あらすじ

田舎で会計士として働くクリスチャンのもとに、大企業から財務調査のオファーが舞い込んでくる。

クリスチャンは、調査の中で重大な不正を発見するものの、関係者の死とともに財務調査の依頼も取り下げられることに。

それから、何者かに命を狙われ始める。

そんな中、財務省では、複数の危険人物からの資金洗浄を引き受けている「会計士」の調査が始まった。

 

見どころポイント

・自閉症天才会計士でムキムキ凄腕殺し屋という、主人公の設定

・たくさんの謎が次々に明かされていくスッキリ感

・一人対複数でも負けない主人公が最強

おすすめ度 ★★★★☆
設定・ストーリーの複雑さ ★★★★☆
頭の良さ ★★★★☆

おすすめアクション洋画⑥:トランスポーター(2002)

ただ運ぶのも楽じゃない。

肉体派俳優ジェイソン•ステイサム主演、プロの運び屋のカーアクション映画。

運転技術に優れ、武器の扱いや近接戦闘を得意とする主人公が、

自らの仕事で危ない事件に巻き込まれていく。

あらすじ

高額報酬と引き換えにどんなものでも運ぶ主人公フランクは、自分に3つのルールを課している。

それは、「契約厳守」「依頼者の名前は聞かない」「依頼品を開けない」というものだった。

だが、目的地に向かう道中、バッグを不審に思ったフランクは、自らのルールを破って、依頼品を開けてしまった。

するとそこには、手足を縛られた中国人美女が袋詰めにされていた。

フランクは、自らのルールを破ってしまったせいで、危険に巻き込まれていくこととなる。

 

見どころポイント

・肉体派ジェイソン•ステイサムの神経質そうなスーツ姿が最高にカッコいい

・命を狙われている最中でも、お互いも求めあってしまうベッドシーン

・ハラハラドキドキなアクション

おすすめ度 ★★★★☆
主人公のカッコ良さ ★★★★☆
迫力度 ★★★★☆

おすすめアクション洋画⑦:96時間(2008)

父親を怒らせるとボコボコにされます…

リーアム•ニーソン主演、元CIA工作員の父親が自分の力を総動員させて攫われた娘を救い出すアクションストーリー。

邦題の96時間は、「誘拐事件の被害者が無事でいられると推定される時間」。

3作品続いた96時間シリーズの1作品目。

 

あらすじ

主人公ブライアンは、離婚した妻と一緒に暮らしている最愛の娘との関係を保とうとしていた。

ある日、娘から、友達と二人でパリに行くために、実の父であるブライアンにサインを求めてくる。

ブライアンは悩みながらも、娘に愛想尽かされまいと、パリから定期的に連絡を入れることを条件に、その許可書にサインをした。

そして、パリに着いた娘たちは、さっそく誘拐犯に狙われる。

電話越しに娘の叫び声を聞いたブライアンは、一人の父親として娘を助け出しにパリへ。

制限時間は96時間。

 

見どころポイント

・誘拐される直前の娘から掛かってきた電話で、「今からお前は誘拐される」と告げる父親

・「一人でそこまでできるか」と思うほど、進む誘拐組織の調査

・元CIAの頭脳と戦闘スキルとコネ

おすすめ度 ★★★★★
焦燥感 ★★★★☆
父親の愛 ★★★★☆

 

おすすめアクション洋画⑧:マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015)

狂った世界の成れの果てがここに。

トム•ハーディ主演、27年ぶりに製作されたマッドマックスシリーズの4作目。

英雄誕生譚(貴種流離譚)など世界各地の英雄神話を研究した神話学者ジョゼフ・キャンベルによる著書『千の顔を持つ英雄』をテーマとした近未来作品。

第88回アカデミー賞では、10部門にノミネートされ、最多の6部門を受賞した。

 

あらすじ

核兵器による大量殺戮戦争後、生活環境汚染や、生存者の資源争奪により、文明社会は壊滅していた。

愛する者も生きる望みも失い荒野をさまようマックスは、砂漠を独裁しているイモータン・ジョーに捕まってしまう。

囚われの身から抜け出すために、マックスはジョーの配下の者たちと手を組んだ。

犠牲を出しながらジョーから逃げ切ったマックスたちは、世界の現実を見ることとなる。

そして、自由と生き残りをかけ、マックスたちは決死の反撃を開始する。

 

見どころポイント

・荒廃し文明を失った未来

・イモータン・ジョーに向けられる配下たちの熱狂

・勇敢な美女たち

おすすめ度 ★★★★☆
迫力度 ★★★★☆
マッ度 ★★★★★

おすすめアクション洋画⑨:ミッション:インポッシブル(1996)

イケメンとスリルでドキドキが止まらない!


トム•クルーズ主演、ハラハラドキドキのスリルが溢れるミッション:インポッシブルシリーズの1作目。

アメリカの人気ドラマシリーズ「スパイ大作戦」の映画化。

この作品は、トム•クルーズがプロディースした最初の映画。

 

あらすじ

秘密諜報組織「IMF(Impossible Mission Force、不可能作戦部隊)」に所属する若手スパイのイーサン・ハント。

任務が失敗し、多くの仲間を失い、さらに、裏切り者の容疑をかけられてしまう。

CIAに追われながら真犯人を探し出す、という達成不可能な任務が今始まった。

 

見どころポイント

・トム•クルーズは何をしててもイケメンでセクシー

・大規模な撮影で迫力満点

・有能な仲間たち

おすすめ度 ★★★★★
スリル ★★★★★
次回作気になる度 ★★★★★

おすすめアクション洋画⑩:ザ•シューター/極大射程(2007)

超遠距離狙撃手を敵に回したが、最期。身の安全は保証されません。


肉体派からコメディや感動ものまでこなしてしまうマーク•ウォールバーグ主演、 彼の魅力を最大限発揮する作品。

“このミステリーがすごい!”の2000年海外部門で第1位に輝いたスティーヴン・ハンターのベストセラー小説を映画化。

政府組織によって大統領暗殺未遂犯に仕立てられた元アメリカ海兵隊の一流スナイパーが、真相を暴く。

 

あらすじ

ボブ・リー・スワガーは、海兵時代、友人で観測手の相棒とアフリカに秘密潜入作戦に従事していたが、

上官から聞かされていたよりも多くの敵兵が現れ、相棒を失う。

この件で政府や軍に不信感を抱き退役し、愛犬と一緒に山に篭って生活していた。

そこに政府関係者が訪ねて来て、大統領暗殺を阻止してほしいと依頼される。

しぶしぶ引き受けたスワガーは、まんまと大統領暗殺未遂の容疑をかけられて、追われる羽目になってしまった。

 

見どころポイント

・1.6㎞の的を撃ち抜く爽快感

・元軍人の知恵を活かしたサバイバル感

・陰謀に立ち向かう正義感

おすすめ度 ★★★★★
射程距離 ★★★★★
陰謀 ★★★★★☆

おすすめアクション洋画⑪:香港国際警察/NEW POLICE STORY(2004)

絶望から始まる物語。

ジャッキー•チェーン主演、ハリウッドに進出し成功を収めた彼の香港復帰作。

高層ビルの垂直の壁をロープ一本で駆け降りる、体を張ったアクションは必見。

コメディなし、涙あり、の従来のジャッキー•チェーンとは一味違った雰囲気の映画。

 

あらすじ

若者たちがゲーム感覚で銀行を襲撃する事件が発生した。

香港警察チャン警部は自らの部下を率いて、犯人たちのアジトへと向かったが、彼らの巧妙な罠に陥ってしまい、部下を全員死なせてしまう。

部下の内の一人は婚約者の弟で、事件のショックから酒に溺れる毎日を過ごしていた。

そこに新米刑事シウホンが現れ、チャンを現役復帰させようとする。

そして、犯人たちから香港警察に、新たな挑戦状が届く。

 

見どころポイント

・死んだ部下を積んで運び出すチャウの悲しみの表情

・チャウが敵のボスと対決するシーンの緊張感

・新米刑事シウホンがチャウを慕う理由

おすすめ度 ★★★★★
緊張感 ★★★★★
シリアス度  ★★★★★

コメント

タイトルとURLをコピーしました